事務所通信

11月の事務所通信を更新しました -2017年10月20日

柳田税経事務所では、毎月経営者の方へ経営にお役立て頂けるNEWSを配信しております。
11月号の内容は下記の通りです。
事務所通信をご希望の方は、どなたでもお送りしております。
お気軽にお問い合わせください。

事務所通信 2017年11月号の内容

今月のことば
何でも時代のせいにしてれば
そりゃ楽だ            田辺 茂一(紀伊国屋書店創業者)

【税務・労務

平成29年のパート収入と税金・社会保険の扶養の範囲

年末が近づくと、パート社員の方は、収入が扶養家族の範囲内に収まるかが気になります。来年(平成30年)からの配偶者控除等の改正が大きく報じられたため、混同しないように総務・経理担当者は、「今年は従来の制度のまま」であることを早めに伝えてあげましょう。

【経営
事業継承は社長の仕事
中小企業経営者の年齢は66歳前後がピークで、今後5年間で30万人以上の経営者が70歳以上になるとされています。多くの企業が事業継承のタイミングを迎えますが、事業継承には5~10年という長期間の準備が必要です。後継者の育成を考えると、社長が60歳を超えたなら、事業継承の準備に取り掛かりましょう。

【労務
本格化まであと半年!
パート・契約社員の「無期雇用への転換」とは?
平成25年4月に施行された改正労働契約法の「無期雇用への転換ルール」(有期労働契約が5年を超えると無期労働契約に転換できる)が、来年(平成30年)4月で5年を経過し、無期雇用への転換が本格化します。パート従業員が多い中小企業では、無期雇用への転換によって、「パートを正社員にしなければならないのか?」「待遇を正社員並にしなければならないのか?」などの誤解や疑問があるようです。

コラム
ハロウィンの次はブラックフライデー?
今年は「プレミアムフライデー」が導入されて話題となりましたが、アメリカには「ブラックフライデー」という大規模セールがあります。昨年から日本の企業でも取り入れ始めています。ハロウィンなどのように日本に根付いていくのでしょうか?

詳しくは冊子をご用意しております。
お問合せフォームより必要事項をご記入のうえ、送信してください。

栃木県小山市の税理士「柳田税経事務所」
TEL 0285-23-2233 FAX 0285-23-5222


メールでのお問い合わせはこちら
TKCプログラムダウンロード
社長メニュー
お役立ちコーナー
会社設立応援キャンペーン

事務所のご案内

柳田税経事務所

柳田税経事務所

〒323-0807
栃木県小山市城東4-16-8
TEL 0285-23-2233
FAX 0285-23-5222