事務所通信

6月の事務所通信を更新しました -2020年5月21日

税理士法人クラリスでは、毎月経営者の方へ経営にお役立て頂けるNEWSを配信しております。

6月号の内容は下記の通りです。

事務所通信をご希望の方は、どなたでもお送りしております。

お気軽にお問い合わせください。

 

事務所通信 2020年6月号の内容

今月のことば

  負けてたまるか

       鈴木 喬(エステー会長)


経営

特集「緊急 資金繰り対策」 

毎月の支払いに優先順位を付け必要資金を確保する準備を!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金繰りが急激に悪化する企業が増加しています。

最悪の状況も想定して、月末までに支払いが必要なものに優先順位を付けて、いくら必要になるかを明確にし、資金を集める準備をしましょう。

 

税務

想定外の業績悪化で役員給与を減額せざるを得ないとき

新型コロナウイルスの影響によって、インバウンド消費の激減、サプライチェーンの毀損による業務・生産活動の停滞など、想定外の業績悪化に見舞われている企業が多くあります。今後の資金繰り対策や経営改善にあたって、役員給与の減額検討する経営者もいらっしゃるでしょう。このような場合、税務上、業績悪化事由に該当すれば、役員給与の減額が認められています。

 

コラム

チャレンジする心

“経営の神様”といわれる松下幸之助は、「革新の心得十カ条」でどのような状況でもあきらめることなく、前向きな姿勢で取り組むことの重要性を語っています。

 

詳しくは冊子をご用意しております。                                                                                                       

お問合せフォームより必要事項をご記入のうえ、送信してください。

栃木県小山市の税理士「税理士法人クラリス」
TEL 0285-23-2233 FAX 0285-23-5222

メールでのお問い合わせはこちら
社長メニュー
お役立ちコーナー
会社設立応援キャンペーン

当法人のご案内

税理士法人 クラリス

税理士法人 クラリス

〒323-0807
栃木県小山市城東4-16-8
TEL 0285-23-2233
FAX 0285-23-5222