事務所通信

4月の事務所通信を更新しました -2020年3月20日

税理士法人クラリスでは、毎月経営者の方へ経営にお役立て頂けるNEWSを配信しております。

4月号の内容は下記の通りです。

事務所通信をご希望の方は、どなたでもお送りしております。

お気軽にお問い合わせください。

 

事務所通信 20204月号の内容

今月のことば

会社は全社員が力を合わせて 作りこんでいく壮大な作品だ

       浜田 広(元リコー会長)


経営

進むべき方向を分かりやすく示す

社長が“今年どうしたいのか”を経営方針として文書化し、それを数値計画にしてわかりやすく示すことで、社員が行動を起こしやすくなります。

 

税制改正

生産性向上や先進的設備への投資を後押しする税制

近年の税制改正では、中小企業が生産性向上や先進的設備への投資、防災・減災対策などを後押しする投資減税が行われてきました。令和2年度税制改正では、地域経済の活性化や課題解決の一助としての「ローカル5G」へのインフラ設備などの投資減税が設けられました。


労務

残業には「36協定」が必要です

仕事の都合などで、従業員に法定労働時間を超えて労働させる、あるいは法定休日に労働させるには、従業員との間で、労働基準法第36条に基づく「協定」を結び労働基準監督署に届け出ることが義務付けられています。

 

 

コラム

“ゴースト血管”は健康の敵!すぐにでも始めたい楽々解消法

昨今、毛細血管に血液が流れなくなる、いわゆる“ゴースト血管”化する人が増えています。たとえ毛細血管といえども生命を支えているものです。あなたは大丈夫ですか?

 

詳しくは冊子をご用意しております。                                                                                                       

お問合せフォームより必要事項をご記入のうえ、送信してください。


栃木県小山市の税理士「税理士法人クラリス」

TEL 0285-23-2233 FAX 0285-23-5222

メールでのお問い合わせはこちら
社長メニュー
お役立ちコーナー
会社設立応援キャンペーン

当法人のご案内

税理士法人 クラリス

税理士法人 クラリス

〒323-0807
栃木県小山市城東4-16-8
TEL 0285-23-2233
FAX 0285-23-5222