経営計画

経営計画

「経営計画」とは、社長の考えている将来への展望を明確にすること。言い換えれば、夢に日付と金額を入れることです。会社が継続的な利益を生むために策定する行動計画書を通して、社長の熱き思いを社員に伝えてください。もちろん、その目的は会社を黒字にすることにあります。

「経営計画はいらない」というこんな声を聞きます

  1. 計画がいつも変わるから
  2. 人数が少ないから
  3. 別に会社を大きくしたいわけではないから
  4. 難しく、長続きしないから
  5. 今は必要ないから

はたして、本当にそうなのでしょうか?

会社を経営するには計画が必要不可欠

会社を経営するには計画が必要不可欠

「経営計画」は、会社が目指すべき方向へ向かうため、すなわち夢を実現するための指針となるものです。たとえば、計画なしにやみくもに走り回る人と、計画を立てて目標に向かってきちんとものごとを進める人では、どちらがより大きな成果を上げられるでしょうか。もちろん、後者です。同様に、会社経営にも「計画」が必要だといえます。「もう少し会社が大きくなってからつくろう」「今はまだ必要ない」と考えていたのでは、いつまでたっても会社は成長しないし、夢を実現することはできないのです。大事なことは、『どのような会社を作りたいか』を計画することなのです。

経営計画コンサルティングフロー

 STEP1  経営計画作成
     
経営理念(ミッション、ビジョン、バリュー)の策定から、中期、単年度の経営計画を立てていきます。

 STEP2  経営計画方針書発表会
     当期の会社として、経営方針、数値計画を明確にし、社員全員が行動計画を発表します

 STEP3  月次経営計画
     月次ごとに予実管理をして、経営に活かせる数値を把握します。

経営計画の基本項目と手順

経営理念の策定

●経営理念

□企業の基本的使命(ミッション)
□会社の将来像や目指す方向性(ビジョン)
□社員全員に対する基本的な考え方(バリュー)
□市場に向けた会社の優位性(メッセージ)

 中期経営ビジョンの作成

●中期経営目標の確立

□私たちのビジョン(将来の展望、企業のポジションや社員環境など)
□5年後の数字目標
□5年後に向けた売上と人数のグラフ

 当期経営方針の作成

●必要な基本資料

□組織図
□社員一覧
□年間カレンダー

●社長による経営戦略方針の発表

□当期経営方針(当期重点課題など)
□当期数字目標(当期達成すべき数値など)

 当期経営方針の作成

●社長による経営戦略方針の発表

□当期経営方針(当期重点課題など)
□当期数字目標(当期達成すべき数値など)

●各部門

□売上数字目標(前期の結果と反省、当期の数字目標)
□横断的課題に対する行動計画
□経営計画戦略
□プロダクション戦略
□各個人のコミットメント

 方針発表(会社全体、各部門、個人)

●各部門

□売上数字目標(前期の結果と反省、当期の数字目標)
□横断的課題に対する行動計画
□経営計画戦略
□プロダクション戦略
□各個人のコミットメント

●会社全体

□採用・教育に関する方針と計画
□表彰・報酬などに関する方針と計画
□委員会活動
□年間イベント
□優秀社員の表彰

 経営数値に関する資料

●経営数値

□売上・利益目標総括表
□損益計算書の推移と分析
□月別利益計画表
□月別部門別売上計画表
□月別商品別売上計画表
□売上高年計表
□商品別売上高年計表
□固定費年計表
□人件費年計表
□月別借入金返済計画表
□リース料金返済計画表

メールでのお問い合わせはこちら
TKCプログラムダウンロード
社長メニュー
お役立ちコーナー
会社設立応援キャンペーン

事務所のご案内

柳田税経事務所

柳田税経事務所

〒323-0807
栃木県小山市城東4-16-8
TEL 0285-23-2233
FAX 0285-23-5222